FC2ブログ
2008.06.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2008.08.

利用規約・免責事項(必読)

夢のまた夢

人生に於いて、何が幸せなのかを考えると、それは多分互いに愛し合える、たった1人の異性と共にずっと共に歩んでいける事なんやないかな?と時折思う。



老後も互いに手を取り合いいたわり合い常に共にある存在に巡り会えれば、それはとても幸せな事やろう。



『一番長く付き合った人は1年くらいかな?』なんて言葉もよく聞くこの時代にある意味とても古風な考え方かも知れないんやけど、俺はそう思う。

様々な映画や小説に出てくる男女が数奇な運命に翻弄されながらも揺らがない2人の気持ちを見る度にどんなに熾烈な運命を辿っていようと、その2人はきっと幸せなんやないかな?と思う俺がいる。



俺も何度か恋をした。

付き合った時間がそれぞれめっちゃ長いから恋の数はそれ程多くはない。

喧嘩別れもした事が無い。



けど、実際には今の俺に彼女はいない。



様々な事情から日本全国を転々とせざるを得なかった俺は、これまでなかなか基盤となるものを築き上げる事が出来なかった。



俺にまた恋が出来るんやろうか?



時々、そんな事を思う。

今、俺がいる地は、一度は人生から完全に抹殺した決して愛することが出来ない地やから、ここには過去の人脈すら殆ど残っていない。

また築き上げる気持ちにもなれない。



恐らくはまたいつかこの地を捨てて俺は出て行くのだろう…。

どこか遠くへ。





ただ小さな幸せを望んで生きてきたはずやのに、その小さな幸せがあまりにも遠すぎる。



我が人生の幸せは



夢のまた夢。

スポンサーサイト

( 2008.07.21 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:1 ) ( TRACKBACK:0 )