FC2ブログ
2018.08.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018.10.

利用規約・免責事項(必読)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
『追憶の木の葉』

時は

秋風の如きもの



我が存在を

セピアに褪色させていく



やがて僅かに残る色も失せ

モノクロになり行く定めなのか



願わくば

せめて追憶の果てに



【微光風】

スポンサーサイト


( 2008.06.26 ) ( 創作 ) ( COMMENT:1 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

No title

素敵な詩です

私も書いてるけど

なかなか綺麗な詩が

書けません

まだまだかなぁ~私…

詩楽しみにしてますよ


( by : 瞳(DO) * URL ) ( 06/28 - 18:42 ) ( 編集 )

コメントする?














 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。