FC2ブログ
2018.10.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018.12.

利用規約・免責事項(必読)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )

といってもお色気話ではないねんな…残念ながら(笑)



色ってさ、ほんまに皆同じ色に見えてるんやろうか?

もちろん、暖色系や寒色系などが皆同じように暖かく感じられたり寒々しく感じられたりするんやからきっと本当に皆同じように見えてるんやろう…。



それでも、例えば俺が肌色やと思ってる色がもしかしたら他の人の目には俺から見た緑色なんて事も無いとは限らない。

幼い頃からこれが肌色だよ!って教わってたら緑色も肌色やと思って育つもんな。



同様に人によって全ての色がそんな風に全く違う色に見えていたとしたら…



ちょっと世の中がほんまにこの目で見る世界なのかが少し不安になる。



人の目や記憶なんて意外と適当や。



例えば写真を見て『あの場所はこんな景色だったよなぁ』とかって思い出す。



けど、実際に目で見た色と写真の色は違うし、レンズの歪みとかもあるからほんまは見た目とはかなり違う世界がそこには描かれてるねんな。



けど、脳内では記憶がその写真の絵に置き換えられてしまってる。





ね?かなり適当なもんやろ?







そしてこれは色だけやない。

香りも音も味も…結構適当なんだよ?





録音した自分の声が自分の声に感じられないって人は結構いるはずや。

空気を伝わっただけの声と頭蓋骨などを伝わって聞こえている声が混ざって聞こえる自分の声は違うねんな…。





つまり自分の見聞きしている世界だけが真実ではないって事や。





貴方の感じる良い香りはほんまに良い香りですか?











貴方の見つめている美男美女は…









ほんまに美男美女ですか?(笑)

顔が緑色だったりしてないよね…?(笑)

スポンサーサイト


( 2009.02.19 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

No title

昔、せがんで貸して貰ったカメラで撮り

出来上がった写真と目で見たギャップにがっかりした記憶が強いです。

色が違う! 一瞬の二度とは撮れない貴重な時。

植物は意外に素直な色が取れない。 自分の見方がわかったつもりで偏見をしてしまったのかと愕然とします。

ほとけのざ、なずなはこべ、おおいぬのふぐりにつくし 昔は遊び友達だった早春の小さな花とちゃんと向かいあいたい…。

( by : すばる * URL ) ( 02/19 - 05:40 ) ( 編集 )

No title

すばるさんへ

人には記憶色っていうのがあって、記憶に残る景色などの色は実際より鮮やかに記憶されてたりするらしいねんな。

カメラメーカーの中にはその記憶色に近い色で色の設定をしているメーカーとかもあって、結構、撮り比べてみるとカメラによって色合いが違うんだよ。

俺も写真を撮ってるけど、あまりにも色合いが違う時はPCで見た目に近い色に修正する時もあるねんな。

今、CANON PowerShot G9を愛用してるけど、CANONは実際よりやや鮮やかに撮れてしまう傾向にあるから、また違うメーカーのカメラも試してみたいなと思う今日この頃…。

すばるさんも色々なカメラを試してみると良いかも知れないよ(o^-')b

( by : 微光風 * URL ) ( 02/20 - 03:47 ) ( 編集 )

コメントする?














 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。