FC2ブログ
2018.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2018.09.

利用規約・免責事項(必読)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
~ 青い瞳の猫 ~ (絵本風)

ある若い夫婦のお家に子猫が貰われて来ました。



ピンと伸びたお耳と澄んだ青い瞳がご自慢の小さな子猫でした。

子猫は愛情いっぱいに育てられました。





子猫は自分が猫とは知りません。



大きくなったらお母さんみたいに2本足で歩いて、いろんな言葉が話せると信じていました。



今日も子猫は泣いてみます。



『ニャー』





次の日も子猫は泣いてみます。



『ニャー』





毎日、練習してるのに子猫は言葉を話せません。





来る日も来る日も子猫は練習しました。



それでも子猫は言葉を話せませんでした。





いつしか子猫は大人の猫になっていました。



やっぱり猫は言葉を話せません。



歩く時も2本足では歩けません。





猫は不思議でした。



猫は早く大好きなお母さんみたいな大人の人間になりたかったのです。





ある日、猫のお家に赤ちゃんが来ました。



若い夫婦の間に出来た小さな小さな赤ちゃんでした。



赤ちゃんは4本足でも歩けません。



猫は笑いました。



でも、赤ちゃんはすくすく育っていきました。



赤ちゃんはすぐに4本足で歩けるようになりました。



そしてある日赤ちゃんは猫の目の前で2本足で歩き始めました。





猫は自分が人間ではない事に気づきました。



猫は悲しくなりました。



綺麗に澄んだ青い瞳から涙が出てきました。



猫は泣きました。



『ニャー』



その時、お母さんは猫をそっと抱き上げました。



優しく優しくずっと撫でてくれました。



猫は幸せな気持ちになれました。



猫は思いました。



『今までも幸せだったのに何を泣いていたんだろ。』



猫はお母さんに心から『大好き』って言いました。



『ニャー』





猫は言葉を話せません。



でもお母さんは言いました。



『私も大好きよ。』





猫は幸せでした。



ずっとずっと幸せでした。

スポンサーサイト


( 2009.06.18 ) ( 創作 ) ( COMMENT:4 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

No title

こんにちは。

幸せの価値観はみんなそれぞれですが

自分を何気なく自然に受け止めてくれる人がいるのは何よりも幸せな事だと思いますね。

大人になると、キツいことや悲しみも増えてくるからか、

童話の青い鳥の話の奥の意味が何となくわかってきますね…

このお話は何度も機会を変えて…例えばこころがやさぐれて毛羽立って(笑)いるときなどはまた、違う感じ方をするでしょうね~。

素敵なお話をありがとうございました。あ…世界放浪の弟は帰国されましたか? そちらのお話もお待ちしております。

( by : すばる * URL ) ( 06/18 - 12:40 ) ( 編集 )

No title

すばるさんへ

童話の青い鳥は『幸せの青い鳥は実は身近にいたのでした』っていうハッピーエンドやけど、実は元々の青い鳥は舞台用の台本では家にいた青い鳥までもどこかにいなくなってしまうお話なんだよ

その解釈の仕方は様々やけど、昔から言い伝えられるお話は何が言いたいのかよく解らなかったり不可解な部分があったりするもんだよね

素人が1時間程度で書き終えたお話やけど、読む人の気持ちとかでまた違った受け止め方が出来るようなお話になってたなら嬉しいよ

弟は無事に帰国して、また福岡の救命救急で働いてるよ

またひと回り人間が大きくなって帰ってきたから兄としては嬉しい限りや

( by : 微光風 * URL ) ( 06/18 - 20:40 ) ( 編集 )

No title

こんばんは

ご無沙汰していますもうすぐクリスマス大人になってもクリスマスは…少し奇跡とか希望や幸せを感じたい時ですね…。 ふと…青い目の猫を思い出して読み返していました。 今年から訪問医療看護に携わっていますが、認知症となった方…毎日のお世話はたくさんの他人によって維持されています。もうほとんど反応しない、看取る方向の方を看護しながらこの方は今、幸せだろうかって考えてしまいます。

ベッドの脇の壁には二年前のまだ感情があった頃のふっくらした笑顔の写真があって…また笑ってくれないかなぁとサンタさんに願います。

青い目の猫

絵本として浮かび上がってきますがやはり奥が深いです。

( by : すばる * URL ) ( 12/21 - 22:11 ) ( 編集 )

No title

すばるさんへ

Merry Christmas!

そうやね!

俺もクリスマスはお正月より遥かに存在感のある冬のいち大イベントって感覚だよ♪

クリスチャンって訳ではないんやけど、クリスマスって夢があって大好きやねんな♪

青い瞳の猫の物語は、先日、実はずっと絵を描きたいって言ってた友達が絵を書いてくれて、遂に絵本って形になったんだよ!

もちろん好意で個人的に書いてくれただけやから、出版するとかやないんやけど、

その人もネットで公開してくれて、様々な人が読んでくれてるみたいや(o^-')b

物語を書いた時には、まさか絵を描きたいって言ってくれる人まで現れるとは思ってなかったから、

ほんまに嬉しい出来事やったよ♪

( by : 微光風 * URL ) ( 12/25 - 13:58 ) ( 編集 )

コメントする?














 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。