FC2ブログ
2018.08.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2018.10.

利用規約・免責事項(必読)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
就活、婚活…etc

結果オーライで幸せになるなら良いとは思う。

古くからお見合いはあるし、それで幸せになった人もい~っぱいいるからね。





ただ、ずーっと何か引っかかってたねん。



例えば“婚活”って言葉を初めて聞いた時に何か違和感…。





いろいろ考えてみたんやけど、多分、それって目的が先で相手が後からついてくる感じで、

しかも“下手な鉄砲も数射ちゃ当たる”的な姿勢やから感じる違和感なんやと思う。



俺の中では、恋愛にせよ結婚にせよ、恋愛や結婚がしたくて人との出逢いを求めるんやなくて、

人と出逢って、その人の魅力に触れて恋に落ちたり、結婚したいって思ったりするのが自然やねんな。





最近の就活報道でも似たような違和感はある。



『もう100社近く受けています』

…とかテレビのインタビューに応えてる学生さんを見ると思う。



就職という目的が先にきていて、やりたい事が後に来てるんだよな。



就職が厳しいのはよく解るんやけど『就職先は決まりさえすればどこでも良いの?』っていつも思う。

1社毎に『御社のグローバルな社風に惹かれ…』とか張りぼての志望動機をアピールするんやろうけど…ね。





全員がそうだとは思わないけど、婚活でも1人がダメならまた次の人へ…『貴女のような女性を探していました』と次々言って回る人も中にはいるんやろう…。

まさに“下手な鉄砲も数射ちゃ当たる”的な感じでね…。





『綺麗事は言ってられない、就職活動も恋愛も結婚も待った無しなんだよ!!』ってのも解らなくはない。



けど、俺はどうしても違和感を拭えずにいる…。



夢を見てたら朽ち果ててしまうような社会でも、朽ち果ててでも夢を見ていたいと思う俺は…



やはりいずれ朽ち果ててしまうのかな…(..;)

スポンサーサイト


( 2010.05.01 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:8 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

No title

お久しぶりです。

就職も結婚も

決断するのは己‥

自分の気持ちに

正直に生きてたら

違った人生だった

ろうと思います。

( by : 瞳(DO) * URL ) ( 05/07 - 13:35 ) ( 編集 )

No title

瞳さんへ

ご無沙汰やね!

瞳さんの人生はこれからもまだ続いていく。

その時また自分の気持ちに正直になるかならないか…決断するのは貴女だよ(o^-')b

( by : 微光風 * URL ) ( 05/10 - 21:33 ) ( 編集 )

No title

そっかな?

そう言われると

素直でいようと思う

やっぱりそれが

自分のスタイルだし

気持ち誤魔化せない

今までの人生も

これからの人生も

偽らないで生きるコトが、ベストなんだよね

( by : 瞳(DO) * URL ) ( 05/12 - 12:13 ) ( 編集 )

No title

瞳さんへ

うん♪そうあって欲しいと思ってた(o^-')b

俺も自分に正直に行く!

( by : 微光風 * URL ) ( 05/12 - 23:38 ) ( 編集 )

No title

うーん…夢をみることは大切だと思います。

高校受験のとき、一学年に500人も生徒がいたから受験はそれなりに大変でいわゆる偏差値で地域の公立高校が決まっていき…呑気な私はカリカリと希望高校向けて勉強する友人に高校から大学進んでなんの仕事をするのって無邪気に聴いたらぎろり睨まれました。

『良い学校から良い会社に入る』とか。遣りたいことがないので慢性と公立高校に進み、本が好きだから図書館司書って漠然と考えていたらちょっと病気になって大学病院で精密検査と治療を受けたのがきっかけで電撃的に看護師になろうと決めて、今に至ります。文系から理系に切り替えて受験だから大変でしたが自分の進む道がいきなり見えたときは爽快で後は振り返りもせず今も看護師を続けているのはかなり幸せ者ですね~。

かなり安定した一部上場企業の人事部門に18年勤務しましたが、その会社で何を遣りたいか明確にしていないと評価ばかり気にしてつまらない生活をおくる羽目になることも色々みてきました。

どんな環境にあっても自分の能力と個性を理解して組織の中で生かして組織を変えていくのは楽しいですね~。

一生懸命には働くけど不満は無いし不満もない呑気な自分が好きですね。 一生は一度だから、生活できるお金をもらえるならば、1日を楽しく過ごしていきたいなあって思います。

( by : すばる * URL ) ( 05/15 - 18:54 ) ( 編集 )

No title

すばるさんへ

電撃的にやりたい事が見えたなんて、それはほんまに幸せやったね!

俺はね…やりたい事は未だにはっきりしない。

やりたい事が多過ぎるのかも知れないし、逆に仕事って分野にやりたい事が無いのかも知れないし、自分でもちょっと謎。

俺も様々な企業を移った人間やけど、ただ、数打ちゃ当たる的な受け方はした事が無いねんな。

そやから面接官に『何社くらい受けられましたか?』って質問されて『御社1社だけです。』って答えて驚かれたりする事もあった。

絞って絞って全力で1社受けて、採用されたのは幸いなんやろうけどね。

俺も前は一部上場企業の中で出世していく事に喜びを感じてた時期もあったけど、今はどちらかと言うとすばるさんと同じ気持ちの方が強い。

1回しか無い人生やもんな!

( by : 微光風 * URL ) ( 05/21 - 00:32 ) ( 編集 )

No title

ありがとうございます。

先日の夜勤で90代のお婆さんの最期に立ち会いました。 心臓は動いていても肺が十分に膨らまず酸素をアップしても呼吸停止少し喘ぎを三回繰り返して呼吸停止・とくんとくんと微弱な脈も触れなくなりました。 他界された患者さんに対して、看護師も感じ方は様々で、怖いって全く近寄ってこない(笑)人もやたらにハイになる人もいます。

私は機会があれば、息を引き取る時は傍らで旅立って逝くのを見守るタイプで進んだ医療も人知の及ばない長く生きてきた厳かな顔をただ見つめて髪を撫でて『頑張りましたね…お疲れ様でした。』と言います。大戦をくぐり多くの子供や孫を残した世代ですから、潔い…。

自分もこういうふうに逝きたいなあ~って思います。

人生は一回だからやはり様々な事に翻弄され縁は大切にしながらも、自分が思うように生きて良い年齢になったし。 大変だし煩わしい事も多いけれど、人と関わっていく仕事の醍醐味をもっと味わいたいなあとも思っています…。

( by : すばる * URL ) ( 05/25 - 17:57 ) ( 編集 )

No title

すばるさんへ

人の死もまた人の尊厳そのものなんやろうな。

映画『送り人』をみた時も同じような事を感じたよ。

俺はいつも人の死には立ち会えずにいるけど、可愛がってくれた母方の祖父母の手は握って送りたかった。

きっと、俺も人の温もりを感じて逝きたいやろうと思うから、祖父母もそうしてあげたかった。

すばるさんは人の死に立ち会える場にいる事をどうか誇りに思って、精一杯の気持ちで送ってあげて欲しい。

立ち会いたくても間に合わない事がある家族の為にも。

( by : 微光風 * URL ) ( 05/25 - 23:57 ) ( 編集 )

コメントする?














 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。