FC2ブログ
2018.11.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2019.01.

利用規約・免責事項(必読)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
著名人からの影響

俺はひねくれてるのかも知れないんやけど、芸術など自己表現の類の分野での著名人には殆ど興味が無い。

例えば音楽を聴いて曲としては好きで覚えていても、そのアーティストを全く知らない事なんかザラや。

作品から感性を感じ取ろうとは思うし、様々な分野で好きな作品ももちろんあるんやけど、
同じ分野の作品を自らが創ろうと思う時には、
その人に影響されたり、その人から学ぼうと思ったりはしない。
もちろん必要な技術を学ぶなら良いんやけど、作風を学ぼうとは思わない。

増してやその道の著名人の名前なんか正直どうでも良いと思っている。

どんなに世間から評価されてる著名人の作品であっても、
あくまでも誰かの自己表現の1つとして対等に観る。

そうやって観ると素人だろうがプロだろうが関係無く、
目の前には1つの感性の塊が余計な雑念無しに純粋に存在してくれる。


例えば、俺は写真を趣味にしてるけど、有名な写真家の作品を有名な写真家の作品と思って観ていない。
逆に素人の作品も素人の作品と思って観ていない。

どちらも誰かの感性で撮られた作品と思って観る。


有名な写真家がどんなに写真哲学を語ろうが全く興味が無い。
ただ、その人はそう感じてるんだなぁ…って程度にしか思わない。


何でそんな風に一歩引いてしまうのか自己分析してみると、権威主義を嫌ってるんやなくて、
自分の感性に関わるものには他人の影響は出来る限り廃したいと思ってるんやと思う。

もちろん、生きていれば自然に不特定多数の誰かや何かに影響されながら生活している訳やから、
全く誰にも影響されない感性など無いんやけど、
少なくとも、自己表現の分野に限って言えば特定の誰かに影響される事を極力避けるようにしている。


好きな写真があっても、その作者に作風が似てくるような事態だけは避けたい。

たまたま作風に共通点があるだけなら良いんやけど、尊敬するあまり…或いは学ぼうと思うあまり、
自分の作品が誰か特定の著名人の作風に似てしまったら、それはもはや自分の感性による写真とは言えないと思う。


仮に著名人の作風を真似て素晴らしい作品が撮れるとしても、俺は他人の感性に染められた作品よりは、
その人の感覚で『わぁ綺麗!』とか『何か珍しいなコレ!』とか『コレ可愛い♪』とか
そんな感じで咄嗟に撮った素人の自由な写真の方がずっと惹かれる。

だからかな?
俺は一般人が携帯やコンパクトデジカメで気軽に撮った写真が好きや。
その多くがプロの写真家のような作品を撮ろうと言うより
純粋な感動や興味の対象をその人の感性で自由に写し出しているから。

当然、その中にも俺の感覚での好き嫌いはあるんやけどね。


写真家だけやなく、作家や芸術家、ミュージシャン、建築家、様々なエキスパートが存在してるけど、
彼ら彼女らは技術的には良き先生であると同時に、有名になればなるほど一歩間違うと
素晴らしい可能性を秘めた感性の芽を摘んでしまう危険性があると思う。




デパートで幼稚園児の描いた絵が展示されていたのを観たことがある。
ある幼稚園の子供達の絵は人間の鼻や口、耳すら無かったり色使いも滅茶苦茶だったりして、
大人の感覚では下手な子が多かった。

別な幼稚園の子供達は全員、人間の顔には眉毛も目も鼻も口も耳も欠けることなく肌も肌色で、唇は全員赤で描かれていて、大人の感覚では上手だった。

けど、イキイキしてたのは前者の幼稚園の子供達の絵で、後者の幼稚園の絵は間違い無く大人の影を感じた。


きっと感性豊かに育つのは前者の子供達やないかな?と俺は観ていて思った。

スポンサーサイト


( 2011.01.24 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

私も尊敬するミュージシャンはいるので影響は受けていると思いますが、自分の演奏は自分流でありたいですね。
以前は人の評価も気になりましたが、この歳になると(笑)、自分は死ぬまでにどんな演奏ができるのかということの方が大切。
とにかく楽しみたいです!

幼稚園児の絵の話も面白いですね。
子供の個性は伸ばしてあげたい。
自由な発想を摘み取ってしまわないようにしたいものです。

( by : J.B.Luna * URL ) ( 01/27 - 17:49 ) ( 編集 )

J.B.Lunaさんへ

きっと誰もがおおざっぱには何人かの影響を受けてるとは思うんやけど、
この日記を書いたのは、とある写真家さんを盲信してる人の写真が
その写真家さんにそっくりな作風になってしまってたのを目の当たりにして
ちょっと残念に思ったんだよ。

過去の作品に遡って観てみるとその人本人の感性で撮ってた頃の写真とかもあって、
その頃の方がよっぽど個性があって活き活きしてたのに…(..;)

著名になる人は確かにそれなりの才覚があって著名になるんやけど、
発言や作風は場合によっては憧れ慕う人の個性を奪いかねないなってつくづく思ったんだよ。

幼稚園の子供達の絵も同じ年齢やのに幼稚園が異なるだけであんなに違うもんなんやって結構衝撃的やったよ。。。

( by : carezzando * URL ) ( 01/29 - 01:04 ) ( 編集 )

コメントする?














 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。