FC2ブログ
2018.11.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2019.01.

利用規約・免責事項(必読)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
母方の叔父

俺はまだ大学生くらいの頃に図らずも母方の叔父と原発について半ば感情的になりつつも話し合った事がある。

半ば感情的になりながらやから話し合いとは言えない程度のものだったかも知れないけど、
まさに震災後に世間で議論されている事とほぼ同じような内容を事前に話していた事をある意味では誇りに思う。


叔父は幼い頃から俺を可愛がってくれて、無条件で可愛がってくれた祖父母が亡くなってしまった今、
家族や親戚を見渡しても俺の事を本当に真剣に考えてくれる数少ない人の一人や。

男気いっぱいで九州男児バリバリだから、たまに

『それはちょっと無茶苦茶だよ(..;)』

って思う事もあるけど、
時に厳しく俺の甘さを叱ってくれるありがたい存在や。


最近ではあまりにも俺が理屈に走るし結局2人共疲れ切ってしまって答えが出ないから議論は避けるようになったものの、
当時はエアコンをつけるかつけないかって話から、
ゲーム機が家庭におけるネット環境の中核になるかならないかとか、
携帯電話についてなど、いろいろな話に時間を割いて付き合ってくれた事が
今もありがたい思い出になっている。

なかなかそんな大人は俺の周りにはいなかったんだよな。

たまにぶつかる事もあるけど、俺にとっては叔父は大切で尊敬して止まない存在や。


そんな叔父とかなり前に原子力発電の賛否について議論していた。

立場は当然賛成と反対に分かれ俺は反対側。
叔父は政策や経済、安全対策を鑑みた上で賛成側だった。

当時の叔父は原子力発電所を見学したりして相当に念入りに安全対策が為されている事や
原子力発電所を利用していかないと日本の経済や生活が成り立たない事などを主張していた。

当時の俺の意見は極論だったけど人間の創ったものに絶対に壊れないものなど無いという事とか、
仮に電力が足りなくても人類は電気の無い時代にもちゃんと生活していたんやから
原子力が無いと文明が成り立たないと言うなら文明なんて後退したって良いという主張だった。

今思うと俺の主張は幼稚な感は否めないもののある面では間違ってなかったと思うし、
叔父の言っていた事も原子力発電所の安全性以外は正しかった。

九州電力はやらせまで使って世論操作などをしていた訳やから
叔父が当時原子力発電所の安全性を信じていたのも無理も無いと思う。


たまたま福島で事故が起きて

『ほら俺が言った通りやんか』

と事故後の今になって叔父を責め立てようとかそういう次元の低い話やなく、
事故が起きてから今ようやくテレビなどで盛んに議論されている事を
事前に叔父と話し合えていた事をありがたかったなって今つくづく感じるねんな。

何年も前に話し合っておいた話だから、今の世の中の議論をそれぞれの立場で客観的に観られる。


未来に向けて世の中には難しい問題が山積している。

日々の生活に一生懸命でなかなか真剣にそれら様々な問題について語り合う機会は無いと思うけど、
皆さんの周りに、もし俺にとっての叔父のような存在の人がいるならば、
たまには未来について恨みっこ無しで熱く語り合ってみるのも良いかも知れない。

そういう経験が自分の考え方をより深いものしていってくれると思うから。

スポンサーサイト


( 2012.02.26 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:1 )
コメント

こんばんは♪

初めてのこどもが赤ちゃんのときに東海村で事故があり、それ以来イロイロ調べて「反対」の結論に至ったわたしです(^^)

それから何年か後に
子どものクラスメイトの一人の母親とわたしも議論をしたことがあります

「フランスでは原子力が主流だ」
「もんじゅの事故のとき、外にいる人は事故に気づかなかったくらいだから、原子力は安全」

…というのが彼女の主張だったのですが


日本でフランス並みに安全対策を講じてるのか疑問だったし、ナトリウム漏れに作業員が気づかないコトのほうが恐ろしくてたまりません(>_<)

で、
あんなコトになったアト

思ってたよりも万が一の備えがなされてなかったことに本当にビックリしました(^^;)

どーにかならないモンでしょうかねー(汗)

( by : 芽実 * URL ) ( 03/05 - 22:58 ) ( 編集 )

芽実さんへ

今回の事で危機管理と言うか根本的に危機が起きるという事を想定してなかった事が明らかになってきてるけど、
人間の創ったものは壊れるのは当たり前やし、
危機が起きる事も必ずあるという前提で考えないとあかんと俺は思うんだよ。

例えば今回は地震と津波だったけど、確率は低くても運悪く隕石がぶつかる可能性もあるし、
他国からミサイルが飛んでくる可能性もあるし、
他の想像もつかないような天災で同じような危機が訪れる可能性もあると思うねんな。

危機が起きた時に制御不能になるようなものをそもそも造るべきやないと俺は思う。

放射性物質は一度大量に漏れたらどうする事も出来ないものやからね…。

それで電力が足りなくなるのなら、その電力が人類の限界だと認識して
その電力に生活の方を合わせるべきやと思う。

温暖化ガスの発生が問題なら、安易に原子力に頼るのではなく、
温暖化ガスの発生自体の対策に力を注ぐべきやないのかな?って思うんだよ。

( by : carezzando * URL ) ( 03/09 - 20:26 ) ( 編集 )

コメントする?














 秘密コメント

トラックバック

俺はまだ大学生くらいの頃に図らずも母方の叔父と原発について半ば感情的になりつつも話し合った事がある。半ば感情的になりながらやから話し合いとは言えない程度のものだったかも知れないけど、まさに震災後に世間で議論されている事とほぼ同じような内容を事前に話して...

( まとめwoネタ速suru ) ( まとめteみた【carezzando】 ) ( 03/19 19:10)
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。